アメニティCafe

防音サッシの例

防音サッシは遮音性能を高めたサッシです。
サッシの遮音性能によってJISでは4つの等級が決められています
遮音性は、JIS A4706・JIS A4702の規定により、T-1からT-4まで4つの等級に分類されています。この等級を決める基準は、サッシの音響透過損失の試験を行い、各周波数ごとの試験結果を下記グラフに書き込みます。判定の基準は、各周波数ごとの曲線が全測定バンド(16周波数バンド)において、それぞれの等級線を下回らない遮音等級線(ただし各周波数で該当する遮音等級線を下回る換算値の合計が3dB以下の場合は、その遮音等級とする)を読み判定します。

防音サッシ(引違い窓)の例

防音サッシ(引違い窓)の例 防音サッシ(引違い窓)の例 防音サッシ(引違い窓)の例
単板ガラスや複層ガラスで遮音性T-1、T-2の対応が可能です。複層ガラスでT-2確保の場合は内外のガラスを異厚にする必要があります。 1重サッシでのT-3仕様は防音合わせガラスの仕様が必要です。 T-4仕様は2重サッシでの対応が必要です。