file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

アメニティCafe

お手入れ

浴室ユニットの各部位のお手入れ方法を示します。永くお使いいただく為にも、お手入れが必要です。下記のお手入れ方法を参考にしてください。
なお、各メーカー独自の仕様などもありますので、必ず取扱説明書やご愛用のしおりをよく読んで、ご使用願います。

浴槽・床・壁・天井等

  • 乾いた柔らかい布、またはスポンジに中性洗剤などを含ませて拭いて、洗い流してください。
  • 目地、部材の隙間の掃除は、ブラシ・刷毛(毛先の柔らかいもの)や市販の隙間お手入れ用品を使用して行ってください。
  • 洗剤、入浴剤、化粧落とし剤、毛染め剤などが原液のまま付着すると変色の恐れがありますので、こまめに掃除してください。
  • 洗浄剤、カビ取り剤などをご使用の場合は、使用方法・注意書きをよくお読みの上、ご使用ください。
  • 次のような薬品や用具は、変色、傷、錆、腐食の原因になりますのでお使いにならないでください。
    [イオン酵素入り洗剤、シンナー、ラッカー、アセトン、ベンジン、石油、ガソリン、工業用アルコール、みがき粉、クレンザー]
    [金属たわし、ナイロンたわし、ブラシ、サンドペーパー]

排水トラップ

  • 目皿とストレーナは定期的にお手入れしてください。
  • トラップ内に毛髪やゴミが詰まりますと排水能力が低下し、床面に水が溢れたり漏水の原因にもなります。詰まった場合は、すぐに取り除いてください。

シャワー・水栓金具

  • 柔らかい布で拭いて、洗い流してください。
  • クレンザーやナイロンたわしなどはメッキの表面を傷めますので、ご使用にならないで下さい。

ドア

  • ドア枠や面材の汚れは、乾いた柔らかい布またはスポンジに中性洗剤などを含ませて拭きとってください。

タオル掛け・握りバー

  • タオル掛けや握りバーの汚れは、乾いた柔らかい布またはスポンジに中性洗剤などを含ませて拭きとってください。

化粧鏡

  • 湯あか、石けんの油脂分、手あかなどが付着するとお湯の蒸気などでガラス面が曇ります。
    乾いた柔らかい布またはスポンジに中性洗剤などを含ませて拭きとってください。

 

PAGE TOP