アメニティCafe

保守・メンテナンスについて

機械式のメンテナンス

機械式宅配ボックスは、定期的に内容物や錠前を点検する必要があります。空箱で施錠されている場合や長期遺留物・不適当と思われる物が入っている場合は、内容物の別途保留、場合により開梱・廃棄などの処置も必要です。
電池を使用する捺印装置やテンキー式の錠前では、半年に一度、電池交換をする必要があります。

機械式のメンテナンス

電気式のメンテナンス

電気式宅配ボックスの保守メンテナンスの内容については、選択した機器によって異なります。
おおまかには

  1. フルメンテナンス契約(レンタル契約など)
  2. オンライン管理型 管理委託タイプ
  3. 自主管理型 オートフォン取り付けタイプ(オフライン管理)
  4. 自主管理型 フリーダイヤルサービスタイプ(オフライン管理)

などに分かれます。

点検及び修理交換が必要な部品としましては、

  1. 操作画面(LCD・タッチパネル)
  2. 操作用キーボード
  3. カードリーダー
  4. プリンター
  5. スタンパー(捺印機)
  6. マイク(通話用)
  7. スピーカー
  8. 荷物センサー
  9. 電気錠
  10. 制御ユニット(CPU)

などがあげられます。

つぎに、
保守メンテナンス項目としては、

  1. 操作案内・機器故障などのお問い合わせ窓口開設
  2. 現地保守対応
  3. クリーニング発送・DPE現像・荷物発送などの集荷業者管理
  4. 保険適用(荷物損害賠償保険・動産保険など)
  5. 消耗品補充・交換・提供
  6. 定期点検・簡易清掃

などととなります。

オンライン管理型宅配ボックスの場合、管理すべてを委託する事となります。

  1. 操作案内・機器故障などのお問い合わせ窓口開設
  2. 現地保守対応
  3. クリーニング発送・DPE現像・荷物発送などの集荷業者管理
  4. 保険適用(荷物損害賠償保険・動産保険など)
  5. 消耗品補充・交換・提供
  6. 定期点検・簡易清掃
  7. 特定扉開放などの通信遠隔操作
  8. 稼働確認・通信遠隔機器点検
  9. 荷物データバックアップ
  10. サービス依頼情報収集・出入り業者への情報配信
  11. 居住者・業者登録と抹消。カード登録と抹消など
  12. 滞留物通知サービス(メール・FAX・電話・葉書など)
  13. 滞留物現地対応サービス(返送・転送・一時代行保管・破棄など)
  14. クレジットカード情報照会・承認
  15. クレジットカード決済売上

などとなります。

また、保守・管理委託契約のない宅配ボックスについては、管理組合様・オーナー様・管理会社様など建物管理者が一時対応窓口となります。故障の度合いや修理の必要性に応じて対応メーカーにスポット修理や点検を依頼するかたちになります。