アメニティCafe

手すりユニット

あらゆる人々の社会生活・日常生活を安全で豊かにする道具として、手すりが広く使われるようになりました。
日々の生活を送る住宅や多数の人が利用する建物では、手すりの設置は特別なことではなく、ごく自然なことになってきました。
しかしながら、実際に手すりは生活の中でどんな役割を担っているのでしょうか。またその役割を果たすために、手すりはどのような配慮が加えられているでしょうか。
ここでは手すりを整理し皆様にわかりやすく表現致します。

手すりユニット

手すりとは?(広辞苑より)

てすり【手すり・高欄】

(すがって手で摺るからいう)
階段、橋,廊下などの縁に腰の高さに渡した横木。欄干。

らんかん【欄干・干欄】

橋や縁側のへりに設けた腰の高さほどの柵状の工作物。
人の墜落を防ぎ、また装飾する。おばしま。てすり。

サイトマップ