アメニティCafe

手すりの種類

手すりは大きく分けて次の3種類に分かれます。

墜落防止手すり : バルコニーや廊下に高いところからの墜落防止を主な機能とする手すり
歩行補助手すり : 安全な歩行や移動を助けるための手すり
動作補助手すり : 動作を補助するための手すり

※手すりのくくり方
くくりは一般市場で汎用されている範囲で作成しております。
メーカーにより種類は多岐にわたっております。
その部分は、各メーカーのホームページ(委員会参加企業参照)をご覧ください。

墜落防止手すり(アルミ編)

手すり子タイプ パネルタイプ_アルミパンチングタイプ

手すり子タイプ

格子部材を縦に配列し、面を形成している。

手すり子タイプ

格子部材を縦に配列し、面を形成している。

パネルタイプ_ガラスタイプ パネルタイプ_アルミ樹脂複合板タイプ

パネルタイプ_ガラスタイプ

面材にガラス板を使用し、透明感を醸し出す。バルコニーからの眺望を演出する。

パネルタイプ_アルミ樹脂複合板タイプ

面材にアルミ+PE樹脂+アルミの複合板を使用し、外部・内部からの目隠し機能を持たせる。

レールタイプ 改修用タイプ

レールタイプ

コンクリート立ち上がりの上部に横レールタイプの手すりを施す。高さ・意匠機能の向上を図る。

改修用タイプ

手すりのリフォーム用として新たにBL(優良住宅部品)化が図られた。

特殊タイプ

特殊タイプ特殊タイプ特殊タイプ特殊タイプ

手すり機能にデザイン面・機能面から幅をもたせ、複合機能も有する。

墜歩行補助手すり

ステンレスタイプ アルミタイプ

ステンレスタイプ

手すり本体の表面材質がステンレス製。室内・室外・屋外に対応する。

アルミタイプ

手すり本体の表面材質がアルミ製。室内・室外・屋外に対応する。

樹脂被覆タイプ 木製タイプ

樹脂被覆タイプ

手すり本体の表面材質が樹脂製。室内・室外に対応する。

木製タイプ

手すり本体の表面材質が木製。室内・室外に対応する。

動作補助手すり

ステンレスタイプ 樹脂被覆タイプ

ステンレスタイプ

手すり本体の材質がステンレス製で傷つきにくく、丈夫。便所・洗面所・浴室等に対応する。

樹脂被覆タイプ

手すり本体の表面材質が樹脂製。芯材にはステンレス、スチール、アルミ製等がある。(パイプ形状が多い)便所・洗面所・浴室等に対応する。

木製タイプ

木製タイプ

手すり本体の材質が木製。自然木、集成材等がある。 便所・洗面所等に対応する。