アメニティCafe

電気温水器

電気温水器の特長

主にヒーターにより加熱する給湯機です。

深夜の割安な電気でお湯を沸かします。また、湯量が減ってきたら昼間に沸き増しができるタイプもあります。

「時間帯別電灯」契約により昼間の電気を使って沸き増しができる2ヒータータイプ、タンクの下部にヒーターを組込み、タンク内のお湯全体を均一に沸き上げる対流沸き上げ式の2つのタイプがあります。なお、2ヒータータイプは、タンク内のほとんどが水になっていた場合、短時間で高温水を得ることができます。

お湯を沸かすしくみ
対流沸き上げ式 2ヒータータイプ
対流沸き上げ式 2ヒータータイプ

角型・丸型

電気給湯機の貯湯ユニットキャビネット形状により、角型と丸型があります。現在は、建物の外観にマッチしやすく、現地工事も簡単な「配管内蔵型角型タイプ」が主流です。従来からの円筒型の貯湯部に配管部品を接続する「配管後付け型丸型タイプ」は、電気温水器のみでエコキュートにはありません。

【角型】
新築・リフォームに特におすすめ。配管内蔵で、すっきり設置できます。
角型で薄型の省スペースタイプもあります。
【丸型】
買い換えにおすすめ。いまの配管がそのまま使えます。
角型 丸型

高圧力型電気温水器(小型温水ボイラ)

標準圧力型が0.1Mpa以下の貯湯圧力であるのに対し、高圧力型は、0.1Mpa~0.2Mpaの貯湯圧力となっている製品です。 このため、蛇口から出るお湯の勢いが強く、シャワーも快適です。また2階への給湯の際も、ポンプアップなしで可能です。

配管工事

  • 配管工事の要領は電気給湯機の種類毎に異なっています。それぞれの工事説明書にしたがって施工してください。
  • 配管径、配管長さは各製品の指定に従ってください。守らないと、お湯の出が悪くなる場合があります。
  • 蛇口や浴槽の設置高さは、各製品の指定に従ってください。守らないと、お湯張りができなかったり、逆流やタンクが変形する場合があります。
  • 管内のお湯の温度低下防止や、凍結防止のため、すべての配管に保温工事を行ってください。
  • 凍結事故を防ぐため、地域の実情に合わせて、凍結防止ヒーターを巻きつけるなどの凍結防止処置を行ってください。

減圧弁と逃し弁の取付け関係

  • 貯湯式の電気給湯機の場合、必ず減圧弁と逃し弁を取付ける必要があります。
  • 減圧弁と逃し弁は工場出荷時にすでに組込まれていますが、丸型の電気温水器の場合等は配管工事のときに取付けてください。
  • 減圧弁、逃し弁はそれぞれの製品に合わせて、電気給湯機メーカー指定のものをご使用願います。
減圧弁(例) 逃し弁(例)
減圧弁(例) 逃し弁(例)

法的制約や関係指針について

電気給湯機の設置・施工は関係の法的制約や関係指針を遵守して実施してください。

  • 据え付け工事は、各地区の火災予防条例に従ってください。
  • 電気工事は、電気設備に関する技術基準および内線規程に基づき、指定工事業者が施工してください。
  • 配管施工に当っては、当該水道局の条例に基づき、正しく行ってください。
  • 高圧力型電気温水器を、事業者の方が設置する場合は、労働安全衛生法施行令に基づき、設置届等が義務付けられています。