アメニティCafe

給排気方式による分類

屋外に設置する場合はRFタイプを使用します。前方に障害物がある場合は、排気を斜めや横吹き出しに変更する部材も揃っています。寒冷地など屋内に設置する必要のある場合は、FFタイプやFEタイプを用いますが、FEタイプの場合は、燃焼に必要な空気を室内から取り入れるので、機器を設置する部屋への給気設計を十分に行うことが大切です。FFタイプではその必要がありません。なお、FFタイプやFEタイプを設置する場合は、(給)排気筒の設置・施工が必要となります。

RFタイプ

RFタイプ RFタイプ 給湯器を屋外に放置して、給排気を屋外で行うものです。

FFタイプ

FFタイプ FFタイプ 給湯器は屋内に設置。燃焼用の空気は専用の給気筒を使用して直接屋外から吸引し、燃焼排ガスも専用の排気筒を使用して直接屋外に排出するものです。

FEタイプ

FEタイプ 給湯器は屋内に設置。屋内の空気を利用して燃焼し、燃焼排ガスは専用の排気筒を使用して直接屋外に排出するものです。

(参考)集合住宅の場合は、以下の設置形態があります。

屋外設置