アメニティCafe

断熱型アイテムの主な種類

玄関ドア 玄関引戸

玄関ドア

開け方としては写真のような開き形式(スウィング)のものと引き形式(スライディング)のものがあります。ドアの表面が1枚の面材からなっているものはフラッシュ構造ともいいます。

玄関引戸

伝統的な形式を引き継いだものです。最近では戸をフラッシュ構造とした洋風なデザインのものもよく見かけます。

引違い窓 FIX窓

引違い窓

わが国では昔から最も親しまれてきた開閉形式です。単にサッシと言う場合もあります。
(類似の種類として1枚の障子だけが動く片引き窓のようなものもあります)

FIX窓

はめ殺し窓とも言います。主に開閉はせずに光を取込みたいところに使用します。

たてすべり出し窓 すべり出し窓

たてすべり出し窓

障子を支えるヒンジとアーム(スティ)で横方向に辷(すべ)りながら開く形式で、縦長のものが多く使われます。外側のガラスの掃除が部屋の中からもしやすくなります。

すべり出し窓

単に辷り出し窓ということもあります。

開き窓 内倒し窓

開き窓

丁番などで障子を枠に取り付け、吊り元側の形材(框;かまち)を軸として開閉します。

内倒し窓

部屋側に開く形式です。外側に開閉スペースがないところなどで使用されます。
(外側に開くものは外倒し窓といいます)

上げ下げ窓 勝手口ドア

3-9

障子をたて枠に沿って上げ下げする形式です。片方の障子が動くものと両方の障子が動くものとがあります。

勝手口ドア

開き形式のものですが、主に土間納まりの勝手口などに使用されます。2階のテラスへの出入り口に使用されるのもはテラスドアと呼ばれます。

出窓 天窓

出窓

窓の組み合わせに屋根部と底部を加えたものです。屋根と底もセットになったものと、躯体で造作された屋根、底に窓の組み合わせを取り付けるものもあります。

天窓

主に玄関ロビーなどの採光のために上部の屋根に取り付けられるものです。