アメニティCafe

キッチンの新しい動き

現在では、生活者の多様な生活シーンやニーズに対応するために様々なキッチンが用意されています。

少子・高齢社会を背景として

長寿対応キッチン

高齢者や車いすを使用されている方に配慮したキッチンです。座ったまま作業がしやすいように足を入れられるニースぺースを設けたり、体を支えられるようにキッチン本体にサポートバーを設けたりするなどの工夫がされています。

長寿対応キッチン 長寿対応キッチン 長寿対応キッチン
長寿対応キッチン 長寿対応キッチン 長寿対応キッチン

健康・安全ニーズ対応(空気環境性能)

シックハウス対応キッチン

シックハウス症候群を患っている方に配慮したキッチンです。樹脂部品や接着剤の使用を極力低減し、キャビネットの材料をステンレスなどに変更することで、ホルムアルデヒドなどの化学物質の放散量が少なくなるように工夫されています。