アメニティCafe

防犯性・防火性

防犯性

「防犯建物部品マーク(CPマーク)」とは

防犯建物部品マーク(CPマーク)

CPとは「Crime Prevention=防犯」の頭文字で、2004年5月に警察庁、国土交通省、経済産業省および関係の民間団体で構成された「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」が制定した共通標章。防犯性能が高いと認められた建物部品のみ「CPマーク」の使用が認められます。

「防犯建物部品」の要求性能

想定される下記の侵入手口(ドアB種の場合)に対して「5分以上」の侵入抵抗時間を有することを 要求性能としています。試験は官民合同会議に登録された試験員が行っています。

※ただし実際の破壊侵入行為における抵抗時間は侵入者の技量や手口、使用した道具などによって異なるので、どんな場合についても5分の抵抗時間を保証するというものではありません。

こじ破り・受け座壊し

主にバールを用いて、ドアの錠及び受け座を破壊し、扉を開けて侵入する手口

面材破壊

主に金切鋏を用いて、ドアのパネルに穴をあけ、錠を解錠し戸を開けて侵入する手口

戸板破り

主に金切鋏を用いて、ドアのパネルに穴をあけ、侵入する手口

この「抵抗時間5分」という基準は過去のデータから、破壊侵入を断念することの多い所要時間として想定されたものです。

防火性

防火性とは

防火性とは建築物の火災に対する安全性のレベルを表す性能です。建築基準法、建築基準法施行令、建設省告示※等で詳細に規制されています。なかでも、耐火建築物、準耐火建築物や防火地域又は準防火地域にある建築物の外壁で、延焼のおそれのある部分の開口部については、炎を遮り延焼を防止するために、「防火設備」(防火戸)の使用が義務づけられています。

※防火性関連の告示は平成12年5月に建設省から公布されています。
平成13年1月6日付の省庁再編成により、建設省は国土交通省に統合されています。

防火設備の種類

防火設備には、使用の目的と場所によって次の種類があります。

特定防火設備

火災の拡大を防止するものであり、防火区画や防火壁の開口部、外壁の開口部、避難階段の出入り口などに用いられています。
集合住宅の玄関には主に特定防火設備の扉が使われています。

防火設備

主として、開口部の延焼防止を目的として、防火区画の一部や外壁の開口部などに用いられています。