アメニティCafe

「錠前」と「鍵」について

普段の生活の中では混在しても差し障りありませんが、業界の中では使い分けています。扉に付いているのが「錠前」(LOCK)で、持ち歩くものが「鍵」(KEY)です。鍵穴にある部位はシリンダーと呼ばれ鍵を掛ける(締める)という言葉をよく耳にしますが、正確に言い表すと・・・錠前を掛ける(締める)になります。扉室内側の鍵穴と反対側の箇所には錠前の開け閉めを行なうためのツマミがありこのツマミは親指(サム)と人指し指で摘んで回転(ターン)させることからサムターンと言う名が付いています。

錠前の分類

錠前は色々な角度から分類することが出来ますが、ここでは扉の種類と締まり機能によって分類してみます。
締まりはその機能によって、本締錠と空錠に分けられ、この両者を共有したものもあります。

①【プッシュ・プル錠】

住宅玄関専用に開発をした錠前で、基本的にシリンダーが2個装着されており
防犯性に優れていて、住宅玄関扉専用に使われています。

プッシュ・プル錠

②【面付箱錠】

室内側の扉面に錠ケースを取付ける錠前で、取付けが容易で強度、
防犯性にも優れており集合住宅玄関扉に広く使われています。

面付箱錠

③【ケースロック】

錠ケースが箱形でレバー(ノブ)とシリンダーが別になっている錠前です。
デッドボルトがあり、強度、防犯性に優れています。

ケースロック

④【本締錠】

デッドボルトだけを備えた錠前で、キーまたはサムターンで施錠します。

本締錠

⑤【本締付モノロック】

ノブと同軸上にシリンダー、サムターンが組み込まれたモノロックですがデッドボルトがあります。

本締付モノロック

⑥【モノロック(円筒錠)】

扉の木口に円穴をあけて取付ける錠前で、ノブの中にシリンダーが組み込まれています。
一般的には内側のボタンを押すことで施錠されますがデットボルトがありません。

モノロック(円筒錠)

⑦【浴室錠】

内側から簡単に施錠でき、しかも非常時には外側からキーを用いずに
解錠できる錠前で浴室、トイレ、化粧室等に最適です。

浴室錠

⑧【空錠】

施錠機能がなく、ラッチボルトによる仮締機構だけの錠前です。

空錠

⑨【引戸錠】

鎌で施錠される引戸用の錠前です。

引戸錠

⑩【引違戸錠】

引違戸の2枚の障子の間で施錠する錠前です。

引違戸錠

⑪【強化ガラス扉用錠】

強化ガラス扉の上下に取付ける錠前です。

強化ガラス扉用錠

⑫【自動施錠錠】

扉を閉めると自動的に施錠される錠前です。
マンションの集合玄関やビルの通用口等、出入の管理をする扉に使用されています。

自動施錠錠

⑬【電気錠】

電気的遠隔操作により施解錠ができ、さらに施解錠の確認信号、
扉開閉の確認信号を得る等の機能を備えています。
総合安全システムの端末機としても使用できます。

電気錠

⑭【防音扉用錠】

エアータイト枠で扉を枠に引寄せて遮音性を高める3点締りハンドル錠です。

防音扉用錠

⑮【非常錠】

非常時には、キーなしで簡単に解錠できる機構を備えた錠前です。

非常錠

錠前の各部品の名称と働き錠前の部品構成(レバーハンドル錠)

レバーハンドル錠

名称 働き
サムターン デットボルトを出し入れするためのつまみ。通常は施錠時にサムターンは横になります。
ハンドル・ノブ ハンドル・ノブ自体は取っ手の役を果たし、ラッチボルトの出し入れを行ないます。
フロント(面座) 彫込型錠前ケースの扉の木口(こぐち)に出てくる面で、ラッチボルト、デッドボルトの出入りする穴とケースを扉に取付けるためのビス穴があります。
デットボルト(本締) 施錠するためのカンヌキで、キー、サムターンで操作します。
ラッチボルト(仮締) 扉が風などであおられないための仮締りでレバー(ノブ)で操作します。
ストライク(受座) ケースから出てくるラッチボルト、デッドボルトの「受け」で枠に取付けます。
ケース(錠前) 錠前の機構部分が納められ扉の中に納められる彫込み型と扉面に取付る面付型があります。
シリンダー キーの入る部分で、そのシリンダー用以外のキーでは回転しないようになっています。
バックセット フロント面からノブまたはシリンダーの中心までの寸法を示します。
スペーシング レバー(ノブ)とシリンダーを別々に備える錠前で、その中心間の寸法を示す用語。

レバーハンドル錠