アメニティCafe

防犯建物部品について

防犯建物部品とは

防犯建物部品

建物への侵入犯罪の防止を図るため、平成14年11月に「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」が設置されました。その設置趣旨は以下の通りです。

「最近における建物への侵入による犯罪の実体にかんがみ、関係する省庁および民間団体が建物部品の開発および普及の方策について検討を行うため、防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する合同会議を設置する。」
~防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議設置趣旨より

平成15年10月に防犯性能の高い建物部品の試験基準が決定され、11月より試験が実施されました。そして平成16年4月1日、警察庁より防犯性能の高い建物部品の目録が公表されました。
この製品を防犯建物部品と呼びます。防犯建物部品には、右のような統一のマークが使用されます。

建物部品の種類

ドア

ドアA種:主として3階建以下の低層住宅用ドア
ドアB種:主として中高層建物(ビル・マンション)用ドア
錠:錠セット、電気錠(システム)、1ドア2ロックセット、交換用シリンダー及びサムターン

サッシ、ガラス、ウィンドウフィルム、雨戸、面格子、窓シャッター

シャッター

重量シャッター、軽量シャッター、オーバーヘッドドア、シャッター用スイッチボックス

錠、シリンダーおよびサムターンに関する試験の概要

防犯性能の試験は3段階に分けて試験されます。

最終の試験に合格した製品が官民合同会議試験合格品となります。

第1系列の試験

応募した全ての製品について特殊な技能を持った複数の試験員が下記5項目について試験を行います。
基準以上の成績の製品が合格となります。

第1系列の試験
  1. 耐ピッキング試験
  2. 耐インプレッション試験
  3. バイパス解錠試験
  4. 耐読み取り性能試験
  5. サムターン解錠試験

第2系列の試験

第1系列の合格品について複数の一般試験員が下記項目の試験を行います。基準以上の成績の製品が合格となります。

第2系列の試験
  1. ドリリング試験
  2. シリンダーのもぎ取り
  3. シリンダープラグの引き抜き
  4. シリンダープラグの捻り
  5. デッドボルトの切断
  6. 携帯用ガスバーナー試験

第3系列の試験

第2系列の合格品について一般試験員が行なう試験です。
予め決められた標準ドアと標準枠に製品を取り付け、一般試験員がバールを用いたドア錠こじ破りおよび受け座壊しを行ないます。いずれの場合もドアが開くまでの実働時間が5分以上かかる場合は合格となります。
または、開き扉の彫込錠、面付錠および引戸錠において日本工業規格JISA1541-2の「外力に対する性能」のグレード3以上の強度を持つ錠は第3系列の試験については合格とみなされます。

電気錠システム防犯性能試験

電気錠システムは第1~第3系列の試験以外に、以下の試験基準を満たした製品が合格となります。

  1. 電気的攻撃試験
  2. 各システム固有の試験