アメニティCafe

節水について

環境に配慮し、現在市販されている便器はほぼ節水仕様になっております。

大便器標準洗浄水量の変化

1950年代 20リットル
※洋風腰掛便器が住宅に普及し始める
1975年~ 13リットル
1994年~ 大10リットル・小8リットル
1999年~ 大8リットル・小6リットル
2006年~ 大6リットル・小5リットル

節水化により年間使用洗浄水量は、大幅に削減されました

年間使用洗浄水量の比較