アメニティCafe

デジタル放送 Q&A

地上デジタル放送関連

BS・110度CSデジタル放送

地上デジタル放送関連

①地上デジタル放送にはどの様なサービスがありますか?

デジタル放送では、アナログ放送と異なった魅力や特徴として、臨場感のあるハイビジョン画質や5.1chサラウンドに加え、EPG(電子番組表)機能やデータ放送、双方向サービス、またマルチ編成やワンセグ放送など、様々な魅力を備えています。

詳細は、一般社団法人デジタル放送推進協会(Dpa)のWebサイトをご覧ください。
http://www.dpa.or.jp/chideji/howto/introduction.html

②地上デジタル放送とBS・110度CSデジタル放送はどう違うのですか?

BSや110度CSデジタル放送は、東経110度に位置する衛星を使った放送です。放送エリアは日本全国ですので、日本中どこでも同じ番組をお楽しみいただけます。一方、地上デジタル放送は、各地域の放送局から放送されます。

地上デジタル放送とBS・110度CSデジタル放送の違い

③地上デジタル放送を見るためには何が必要ですか?

最低限必要な機器として、地上デジタル放送対応の受信機器とUHFアンテナが必要です。また、ケーブルテレビで受信することもできます。また共同受信を行う場合、デジタル放送に対応した増幅器、分配器、テレビ端子など各種の受信システム機器が必要となります。

antenna_tv

④今まで使っていたアナログテレビで地上デジタル放送を見ることができますか?

お使いのテレビが地上デジタル放送に対応していない場合でも、地上デジタルチューナーまたはチューナー内蔵録画機を接続すればご覧いただけます。また、お使いのテレビがD3/D4端子付など、ハイビジョン対応であれば、ハイビジョンの高画質な映像が楽しめます。

アナログテレビ

⑤地上デジタル放送でも、B-CASカードが必要ですか?

2004年4月から、民放やNHKが著作権保護の目的でコピー制御信号を放送波に付加していますので、B-CASカードがないと視聴することができません。受信機器には必ずB-CASカードを挿入してご覧ください。

※詳しくは 株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズにてご確認いただけます。

B-CASカード B-CASカード

⑥私の地域で地上デジタル放送が受信できますか?

地上デジタル放送のエリアのめやすについては、社団法人デジタル放送推進協会 (略称:Dpa)のホームページでご確認いただけます。

(放送エリアのめやす)http://sasp.mapion.co.jp/b/dpa_b/

※エリア内であっても、地形や建物などによって電波がさえぎられる場合や電波の状態などにより、視聴できないことがあります。

⑦地上デジタル放送の受信アンテナ(UHFアンテナ)の種類にはどのようなものがありますか。

地上デジタル放送波は周囲の地形や建物などの影響により、弱くなることがあるため、設置場所の電波の状態に応じたアンテナが必要です。地形や建物によるしゃへいなどの影響、電波の状態をあらかじめ確認した上で適正な機種を選んでください。

地上デジタル放送の受信アンテナ(UHFアンテナ)の種類

⑧ケーブルテレビで、アナログ放送を視聴できるサービスがあると聞いていますが、どのようなものですか?

ケーブルテレビ事業者が、地上デジタル放送をアナログ放送の方式に変換して再送信するサービス(デジアナ変換)では、現在お使いのアナログテレビで視聴することができる暫定的な措置です。実施時期は2015年(平成27年)3月末までです。デジアナ変換サービスの提供予定の有無、サービスの開始時期など、詳しくは、加入しているケーブルテレビ事業者(http://asp.netmap.jp/jcta/search_pref.html)にお問い合わせください。

terrestrial_digital_catv

BS・110度CSデジタル放送

①BSデジタル放送にはどの様なサービスがありますか?またどのような放送が見れますか?

地上デジタル放送同様に、アナログ放送と異なった魅力や特徴として、ハイビジョン画質や、5.1chサラウンド、EPG(電子番組表)やデータ放送など、様々な魅力を備えています。

特長は、一般社団法人デジタル放送推進協会(Dpa)のWebサイトをご覧ください。
http://www.dpa.or.jp/chideji/howto/introduction.html

視聴できるチャンネルは、2012年3月より新たに7チャンネルが追加され、計31チャンネル(テレビ29ch、ラジオ1ch、データ放送1)となっています。
チャンネル構成は以下の様になっています。※マルチ編成は1チャンネルにて換算。(DPAより引用)
またチャンネルによって、有料・無料が異なります。詳しくは一般社団法人デジタル放送推進協会(Dpa)のWebサイトをご覧ください。 http://www.dpa.or.jp/bs/station.html

チャンネル表

②BSデジタル放送を見たいのですが、必要なものは?

chi-bs-cs

最低限必要な機器として、BSアンテナ、対応チューナを搭載した受信機(テレビ・レコーダ)が挙げられます。これからテレビを購入する方は、「BSデジタルチューナー内蔵」かどうかをご確認ください。このマークが目印です。

BSデジタル放送の視聴に必要な物

③古いBS受信用アンテナでBSデジタル放送や110度CSデジタル放送を見られますか?

多くの場合視聴できますが、アンテナが2001年以前に発売された製品の中には、所要の性能を満たしていないものがあります。アンテナを接続してBS・110度CSの各チャンネルを選局してみて、映らないチャンネルがある、もしくは全く映らなければ、交換が必要となります。

④集合住宅等でBSデジタル放送や110度CSデジタル放送見るにはどうすればいいの?

お住まいの集合住宅に、BSの共同受信アンテナがあるかどうか、管理人さんにご確認ください。BSアナログ放送の共同アンテナがあっても、設備が古く、BSデジタルに対応していない場合は視聴できません。
入居者の方がベランダなどにアンテナを設置して受信する方法もありますが、アンテナ設置を禁止していることもありますので、事前に管理人さんにご確認ください。管理人さんでわからない方は、施工業者へお問い合わせください。

⑤マンションに住んでいます。BSは共同受信になっています。BS放送や110度CSデジタル放送で見れないチャンネルがあるのですが、どうすればいいですか。

マンションに使用されている共同受信用アンテナ及び共同受信機器の仕様を確認の上、対応していない製品は交換が必要です。個別の施設に使用している機器や設備に関しては管理事業者や管理組合等にお尋ねください。110度CS放送が受信できている場合には基本的にBSの拡張チャンネルも映ります。※ケーブルテレビがマンションの共同受信に利用されていて、BSをSTB経由でご覧の場合は、ケーブルテレビ会社にお問合せください。