協会案内

協会案内

吉岡会長名前入り 一般社団法人リビングアメニティ協会(ALIA)は、優良住宅部品(BL部品)の開発・普及推進のため1976年に創設されたBL推進協議会を、1990年10月に発展的に改組して誕生し、2012年4月より一般社団法人化いたしました。
 当協会は、「優良な住宅部品の普及により快適な住生活の改善を図る」という目的に沿って活動を続けており、機能的で良質な住宅部品の供給促進と快適な住空間作りのための調査研究及び情報交換を推進しています。
 昨今の住宅政策をみると、2014年のエネルギー基本計画や、2016年に国から発表された新たな「住生活基本計画(全国計画)」があります。特に後者は少子高齢化・人口減少を正面から受け止めた新たな住宅政策の方向性を提示し、安全・安心で豊かな住生活を支える生活環境の構築や、既存住宅の流通と空き家の利活用を促進し、住宅ストック活用型市場への転換することで、住生活産業の活性化を図るものとなっています。
 なかでも、住宅の品質・性能の向上においては、住宅・建築物分野におけるエネルギー消費といった地球温暖化の課題に対して、2020年までに全ての新築住宅・建築物を対象として段階的に省エネ基準への適合が義務付けられました。他にも、既存ストックの省エネ改修の促進や、住宅・建築物や設備の省エネ性能の情報活用といった方向性が示されるなど、住宅部品が果たすべき役割は大きなものとなっています。
 良質な住宅ストックの形成に向けた取り組みが進むなか、それを構成する住宅部品もまた、長期にわたり良好な状態で使用されなければなりません。「いいものを作って、きちんと手入れして、長く大切に使う」社会の移行に向けて、定期的な点検を行うことで、不具合や劣化、異常等を早期に発見し、整備、修理、交換することを当たり前化する風土の醸成が望まれます。そこで、当協会では10月10日を「住宅部品点検の日」に制定するなど、住宅部品点検の推進に向けた環境整備や調査研究、情報発信を行っています。
 また、2020年までに市場規模の倍増が進められている既存住宅流通・リフォーム分野への対応につきましては、省エネ化・耐震化へのニーズが今後ますます増大することを視野に、国の政策等に関する情報発信を行う一方、業界を取巻く事業環境の実態把握にも努めています。
 当協会は、BL推進協議会からスタートして40年に亘り、住宅部品の普及による豊かな住環境をつくるという理念のもと活動を継続してまいりました。これもひとえに会員各社の皆様の日頃の努力の賜物であり、また、国土交通省のご指導、住宅金融支援機構、ベターリビング、ベターライフリフォーム協会との協調、さらに関係諸団体との連携によるものと感謝いたしております。
 引き続き、快適で安心・安全な質の高い住生活空間の形成を目指してまいりますので、今後とも皆様のご協力をお願いするとともに、さらに多くの企業の積極的なご入会と活動へのご参画を期待しております。