住宅部品の点検・施工チェックツール

自分で点検!ハンドブック

自分で点検!ハンドブックとは

「自分で点検!ハンドブック」は、住宅の設備や建材(以下、住宅部品と呼びます)の事故につながる不具合や異常の有無を、居住者の方がご自分で、手間をかけずにチェックするためのハンドブックです。

【特徴】

  1. 住宅部品の重大事故につながる兆候(不具合)を、一般消費者が簡易的に確認できるように、イラストと解説でわかりやすくまとめています。
  2. 不具合を放置しておくと、どんな事故につながるかの事例や、危険性をアイコン(記号)で表示しています。
  3. 点検が必要な場所を、キッチンまわり、浴室まわり、洗面・トイレまわり、給湯機器まわり、居室まわり・外装まわりに分けてまとめています。
  4. 不具合や異常を発見した際には、専門業者に相談するように案内しています。
  5. 住宅部品の点検制度について、法定点検をわかり易く解説しています。

【居住者の方へ】

住宅部品は、不具合が出ているのに使い続けると、思わぬ事故が発生することがあります。そこで重要なのが、普段からのお手入れや点検です。「自分で点検!ハンドブック」を使い、点検が必要な箇所を知り、まずはご自身で確認してみましょう(本ホームページからダウンロードしてお使い下さい)。
不具合や異常を発見した際には、専門業者に相談しましょう。

【事業者の方へ】

住宅部品は、長期使用による経年劣化で、思わぬ事故が発生することがあります。専門業者による点検がもちろん重要ですが、居住者の方に点検の意識を高めてもらい、まずはご自分で確認してもらうことが、事故を防ぐ大きな一歩になります。
居住者の方と接する機会を通じ、是非「自分で点検!ハンドブック」の活用をご案内いただきますようお願いします。
『「自分で点検!ハンドブック」がお客様の住宅部品点検の促進につながり、ビルダーやリフォーム事業者にとってもお客様との有効なコミュニケーションツールの一つになり得るのか』の試行検証結果を以下にまとめていますので参考にしてください。
 pdf_icon試行検証結果はこちらから

*冊子(有償)も用意しております。(注文書ダウンロード:PDF形式Excel形式

ダウンロード

ダウンロードをクリックして下さい。時間がかかる恐れがありますので、ご了承下さい。
(*無断で転載・改変することを禁じます)

ダウンロード(PDF形式)

ハンドブックサンプル

handbook_sample02

handbook_sample01