インフォメーション

「BL・ALIA研究成果合同発表会」を開催しました

[広報部会]

ベターリビング並びにリビングアメニティ協会の協同主催による「BL・ALIA研究成果合同発表会」を平成26年7月11日(金)に開催し、72名の参加をいただきました。

この合同発表会では、平成25年度に両団体が取組んだ研究・調査成果の幾つかを発表するとともに、「造られた寿命と積み上げられる寿命」と題した講演も併せて行いました。

詳細についてはこちらをご覧ください。

プログラム

<BL発表テーマ>

◆「わが家の液状化対策他について」

一般財団法人ベターリビング つくば建築試験研究センター技術評価部長 佐久間博文

◆「郊外住宅地における持続可能なまちづくりの方向性」

一般財団法人ベターリビング サステナブル居住研究センター総括研究役 青木伊知郎

<ALIA発表テーマ>

◆「点検を主とした住宅部品の使用実態等についての基礎調査」

一般社団法人リビングアメニティ協会 リフォーム・施工部会部会長 中島古史郎

◆「住宅部品の残存率等推計調査」

一般社団法人リビングアメニティ協会 消費者・制度部会部会長 柴崎和彦

<講 演>

◆「造られた寿命と積み上げられる寿命」

滋賀大学 山﨑古都子名誉教授