インフォメーション

「住宅部品点検の日」シンポジウムの申込みがメールでもできるようになりました

 長期に渡って、良質な住宅ストックを維持し、安全で快適な住生活を送るためには、住宅部品をきちんとお手入れ・点検し、必要に応じて交換、修理をすることが重要になります。

 これまで、当協会では、「住宅部品の長期使用に関する研究会」で調査・検討し、その成果として「住宅部品の自主点検表」等の発行・公表を行うとともに、各種住宅部品取扱説明書等に住宅部品の点検活動に関する記載の充実を進めています。 一方で、広く国民の意識を醸成していくことも必要であることから、住宅部品をご使用されているお客様に対して、お手入れや点検の意義をご認識いただくこと、そしてより安全に、安心して快適にご使用いただくことを目的とする「住宅部品点検の日」(10月10日)を制定しました。

「住宅部品点検の日」シンポジウム開催概要

日時: 平成24年10月10日(火)13:20~16:40
場所: すまい・るホール
参加者: 284名
後援: 国土交通省、経済産業省、消費者庁、 一般財団法人ベターリビング、独立行政法人住宅金融支援機構、社団法人住宅生産団体連合会、公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会、一般社団法人マンションリフォーム推進協議会、一般社団法人温水洗浄便座工業会、キッチン・バス工業会、社団法人日本シヤッター・ドア協会、一般社団法人日本衛生設備機器工業会、一般社団法人日本ガス石油機器工業会、一般社団法人日本サッシ協会、一般社団法人日本電機工業会、一般社団法人日本配線システム工業会、一般社団法人日本冷凍空調工業会 <順不同>

基調講演:明治大学 向殿教授

会場風景:パネルディスカッション

プログラム

1.来賓挨拶
国土交通省 住宅局住宅生産課長 伊藤 明子氏
2.開会挨拶(リビングアメニティ協会における自主点検の取組みについて)
一般社団法人リビングアメニティ協会 消費者・制度部会長 山口 憲一
3.研究報告 「製造者、消費者双方の協力による耐久消費財の経年劣化対策」
NPO社会システム研究フォーラム 事務局長 川上 泰氏
4.基調講演 「安全安心な暮らしにつながる住宅部品の点検」
明治大学 理工学部 情報科学科 教授 向殿 政男氏
5.住宅部品の点検に関する事例報告 プレゼンテーション及びパネルディスカッション
(ファシリテーター: 明治大学 理工学部 情報科学科 教授 向殿 政男氏)
(1)長期使用製品安全点検制度の取組み
一般社団法人 日本ガス石油機器工業会 点検制度委員長 福澤 清氏
(2)サッシの経年劣化と点検
一般社団法人日本サッシ協会 ビルサッシ部長 爲光 弘和氏
(3)「配線器具の日」活動と点検について
一般社団法人 日本配線システム工業会 専務理事 澁江 伸之氏
6.閉会挨拶(住宅部品点検の日制定宣言)
一般社団法人リビングアメニティ協会 専務理事 居谷 献弥


「住宅部品点検の日」制定宣言

「住宅部品点検の日」制定宣言

10月10日は住宅部品点検の日