インフォメーション

平成29年BL・ALIA研究成果合同発表会を開催いたしました。

【広報部会】
 ベターリビング並びにリビングアメニティ協会の協同主催による「BL・ALIA研究成果合同発表会」を平成29年7月12日(水)に開催し、93名の参加をいただきました。この合同発表会では、平成28年度に両団体が取組んだ研究・調査成果の幾つかを発表するとともに、今回は東京大学 生産技術研究所 野城 智也教授による「住生活とIoT」と題して講演いただきました。多数の皆様にご参加いただきありがとうございました。
詳細についてはこちらをご覧ください。

プログラム

<ALIA発表テーマ>
「消費者の今後の住まい方と関連したリフォーム意向について」
     リフォーム・施工部会   部会長  吉原 豊 氏

「住宅部品の長期使用に関するグループインタビュー」
   ~住宅設備機器を長期使用することの危険について~
     消費者・制度会   部会長  柴崎 和彦 氏

<BL発表テーマ>
「出荷統計調査から見る住宅部品の長期使用の傾向」  
  一般財団法人ベターリビング サステナブル居住研究センター
         副センター長    村田 幸隆 氏

2016年熊本地震による被害調査報告」
  一般財団法人ベターリビング  つくば建築試験研究センター  
          上席調査役    久世 直哉 氏

<講 演>
◆「住生活とIoT」
  
東京大学 生産技術研究所教授  野城 智也 氏