file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

新4K8K 衛星放送 Q&A

①4K8K とは何ですか?

4K は横方法に約4000画素あり、8K は横方向に約8000画素あります。全体の画素数はフルハイビジョンの約200万画素に比べて4Kが4倍の約800万画素あり、8Kが16倍の約3300万画素あります。

②新4K8K 衛星放送は、いつから開始ですか?

本放送は2018年12月1日から開始です。

③今までの放送は見られなくなりますか?

現行放送は引き続きご覧いただけます。

④右旋円偏波や左旋円偏波とは何ですか?

円偏波とは電波の偏波面が時間とともに回転するもので、その回転方向が進行方向に向かって右回りのものが右旋円偏波、左回りのものが左旋円偏波です。右旋、左旋共に送信周波数は12GHz帯を使用しますが、偏
波面が異なるため混信することがありません。従来のBS・110度CS衛星放送は右旋円偏波を使用しており、2018年12月から左旋円偏波を使用することで周波数を有効活用します。
右左旋共用アンテナを設置することで、新4K8K衛星放送のすべてのチャンネルを受信することができます。

⑤新4K8K 衛星放送を見るためにはどのような受信機があればよいですか?

  1. 新4K8K衛星放送のチューナーを内蔵したテレビ
  2. 新4K8K衛星放送のチューナーを内蔵していない4Kテレビ、あるいは4K対応テレビ、8K対応テレビでは新4K8K衛星放送のチューナーを接続
    接続例詳細はこちら

⑥集合住宅の場合、どうすれば新4K8K 衛星放送が見られますか?

  1. 個別受信の場合、衛星アンテナからテレビまでの設備を新4K8K衛星放送に対応した設備に交換する必要があります。
  2. 共同受信の場合、共同受信設備(共同受信用衛星アンテナからご家庭のテレビ端子までの設備)とご家庭で使用している設備(テレビ端子の先からテレビまでの設備)を新4K8K衛星放送に対応した設備に改修する必要があります。詳しくは集合住宅のオーナー様か管理会社等にお問い合わせください。
  3. ケーブルテレビにご契約の方は、ケーブルテレビ事業者にお問い合わせください。

 

その他のご質問につきましては総務省ホームページ【よくある質問】をご覧ください。
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/housou_suishin/4k8k_suishin_questions.html