file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone
会長 國井 総一郎

会長 國井 総一郎

 一般社団法人リビングアメニティ協会(ALIA)は、優良住宅部品(BL部品)の開発・普及促進のため1976年に創設されたBL推進協議会を、1990年10月に発展的に改組して誕生し、2012年4月より一般社団化いたしました。
 当協会は「優良な住宅部品の普及により快適な住生活の改善を図る」という設立目的に沿って活動を続けており、機能的で良質な住宅部品の供給促進と快適な住空間作りのための調査研究及び情報交換を推進しています。

 2016年3月にスタートした「新たな住生活基本法(全国計画)」では、少子高齢化・人口減少社会を正面から受け止めた新たな住宅政策の方向性が提示され、子育て世帯や高齢者が安心して暮らすことが出来る住生活、既存住宅の流通と空き家の利活用を促進、住宅ストック活用型市場への転換を加速することで、住生活産業の活性化を図っていくものとなっています。リフォーム需要への積極的な取り組みは勿論、地球環境の保全と節電を含めた省エネにも対応し、さらに住宅・住宅部品の性能向上が求められていることから、当協会としましては、断熱材、断熱窓等建築材料の技術開発、高効率給湯機の普及拡大、更にはヒートショック防止など住宅の温熱環境と健康に関する検討も進めてまいります。
 また、これら住宅部品は長期にわたり良好な状態で使用されなければなりません。当協会では、10月10日を「住宅部品点検の日」に制定し「いいものを作って、きちんと手入れして、長く大切に使う」社会への移行を目指すことを目的に、住宅部品・設備を安全、安心に使用していただくとともに、点検、補修、適切な時期での取り替えを当たり前にする風土づくりに取り組んでまいります。

 当協会は40余年にわたり「住宅部品の普及による豊かな住環境をつくる」という理念のもと、各事業を通して社会構造の変化に対応してまいりました。これまで以上に会員企業・団体の皆様にとって価値ある協会を目指してまいる所存ですが、そのためにも国土交通省ならびに住宅生産団体連合会、ベターリビングをはじめとした関係諸団体のご指導、ご協力を引き続きお願い申し上げます。
 最後になりましたが、より多くの企業の積極的なご入会と活動への参画を期待しております。