file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone
会長 喜多村円

会長 喜多村 円

 一般社団法人リビングアメニティ協会(ALIA)は、優良住宅部品(BL部品)の開発・普及促進のため1976年に創設されたBL推進協議会を、1990年10月に発展的に改組して誕生し、2012年4月より一般社団法人化いたしました。
 当協会は住宅設備および建材に関わる企業・団体によって構成し、「優良な住宅部品の普及により快適な住生活の改善を図る」という設立目的に沿って、機能的で良質な住宅部品の供給促進と快適な住空間作りのための調査研究及び情報交換を推進しています。

 昨今の住宅関連の情勢においては、従前からの課題である、少子高齢化・人口減少の急速な進展、省資源・省エネルギーの推進、リフォーム・既存住宅流通等のストック活用型市場の活性化、などに加えて、働き方の多様化やウイルス感染症への対応としての住宅・住宅設備機器の機能拡充など、「あたらしい生活スタイル」への対応が求められています。「あたらしい生活スタイル」は、家族との共有時間をより豊かに快適に過ごす空間のあり方や価値観の変化を生み、住宅関連企業・団体はその価値観の変化を汲み取り、これからの住まいや住まい方を支えるために必要な機能、住宅部品の果たすべき役割を考えてゆく必要があります。

 当協会としては、地球環境の保全と節電を含めた省エネへの対応において、住宅部品のさらなる性能向上や省エネルギー化を推進してまいります。住宅の温熱環境が健康に与える影響や、ヒートショック防止などリフォームによる快適な暮らしを身近に感じてもらえる啓発活動を通じて、リフォーム需要の顕在化につなげるとともに、より良質な住宅ストックの形成を推進してまいります。「あたらしい生活スタイル」の浸透とともに創出、進化する新たな技術・サービスの実現や、住宅部品の機能安全性の確保にも取り組んでまいります。
 また、快適な住生活においては、住宅部品や設備を長く良好な状態で使用いただくことが重要です。当協会では、10月10日を「住宅部品点検の日」に制定しております。「いいものを作って、きちんと手入れして、長く大切に使う」社会への移行を提案しており、住宅部品・設備を安全、安心に使用していただくとともに、点検、補修、適切な時期での取替えを当たり前にする風土づくりに取り組んでまいります。

 当協会は「住宅部品の普及により豊かな住環境をつくる」という理念のもと、今後も国土交通省ならびに関係諸団体と連携し、これまで以上に会員企業・団体の皆様にとって価値ある協会、社会に必要とされる協会を目指してまいります。皆様方のますますのご支援、ご協力をお願いいたします。
最後になりましたが、より多くの企業の積極的なご入会と活動への参画を期待しております。