file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

2020年度 既存マンション 購入者 に関する生活者意識調査報告書

発行年月:2021年3月
部会名:リフォーム・施工部会

内容紹介

調査背景と目的

 『新たな住生活基本計画』のもと、ストックビジネス活性化を目指し長期優良住宅化リフォーム推進事業、同居対応・安心R住宅の開始など様々な打ち手を行政が講じている中、首都圏では既存マンション販売戸数は新設マンションの販売戸数を上回るほど伸長している。
 当部会では昨年度に、既存戸建て住宅の販売活性化に向けて、戸建て住宅購入時に新築住宅と既存住宅を比較検討した「新築戸建て住宅購入者」および「既存戸建て住宅購入者」に対し、住宅選定までのプロセスや選択理由等を深耕し、既存戸建て住宅の新規購入や買い替えが進まない原因を調査した。本年度はマンションについて、同様の調査を実施し、前回調査の既存戸建てとの違いを明確にし、既存住宅流通の活性化のヒントを得ることを目的とする。

目次

こちらからご確認ください。