file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

アメニティCafe

冬季における入浴事故防止

人口動態統計を分析したところ、家庭の浴槽での溺死者数は12年間で約8割増加し、平成28年に約5000人となっています。

そのうち高齢者(65歳以上)が約9割を占めており、高齢者は特に注意が必要です。溺死を含む入浴中の事故死は、冬季に多く発生している傾向がみられます。

過去には入浴中の急死者数は約19,000人と推計されたこともあります

<消費者庁HPより引用>

入浴中の事故を防止するために、特に以下の点について確認しておきましょう。

  1. 入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
  2. 湯温は41度以下、湯につかる時間は10分までを目安にしましょう。
  3. 浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。
  4. 食後すぐの入浴、またアルコールが抜けていない状態の入浴は控えましょう。
  5. 精神安定剤、睡眠薬などの服用後の入浴は危険ですので注意しましょう。
  6. 入浴する前に同居者に一声掛けて、見回ってもらいましょう。

冬季における入浴事故防止に関するサイト



入浴事故防止に役立つ住宅設備・部材

暖房システム(浴室暖房・床暖房)

https://www.alianet.org/
amenitycafe/air_conditioner/

給湯システム

https://www.alianet.org/
amenitycafe/hot_water_system/

浴室ユニット

https://www.alianet.org/
amenitycafe/bathroom/

PAGE TOP