file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

アメニティCafe *2021年度版

断熱とは

家の中で熱の移動が大きいのは屋根や外壁や床ではなく、窓やドアなどの開口部です。
熱的な弱点になりがちな開口部をしっかり断熱することが大切で、そこで生まれたのが断熱サッシ・ドアです。
夏は涼しく冬は暖かい住まいとするには、開口部(窓やドア)に性能の高い断熱サッシ・ドアを取り付け、夏は暑さをさえぎり、冬は暖かさを逃がさないようにすることが必要です。

「断熱化」で住まいも家族も健康に

図は、住宅の個別要素に対する評価(不満率)を調査した結果です(国土交通省の住生活総合調査(平成30年度))。
住宅の評価について、個別要素ごとの不満率の上位5項目を見ると、「高齢者への 配慮(段差がない等)」が 47.2%と最も高く、次いで「地震時の安全性」が 43.6%、「遮音性」が 42.9%、「台風時の安全性」が38.8%、「断熱性」が38.6%となっている。
上位5項目における平成25 年と平成30年の差を見ると、概ね不満率は減少しているが、「台風時の安全性」(-0.6ポイント)は変化の差が小さく、「高齢者への配慮(段差がない等)」(-6.3ポイント)、「地震時の安全性」(-5.0ポイント)、「断熱性」(-5.5ポイント)は減少幅が大きくなっている。

出典:国土交通省 住生活総合調査(平成30年度)

出典:国土交通省 住生活総合調査
(平成30年度)

PAGE TOP