アメニティCafe

機能

対震

クリアランスを大きくとることで、対震性能を向上させています。

面内変形追随性

D-3<JIS A 4702>
層間変位1/120、ベターリビングでは開放力500N以下と定めています。

面内変形追随性

上下枠に6㎜のクリアランスを確保しています。
これにより、地震により、面内変形を受けても、
500N以下の力でドアを開けることが出来ます。

局部変形追随性

BL基準
縦枠(戸先側)中央部変位量8㎜時、開放力500N以下
上枠中央部変位量4㎜時、開放力500N以下

局部変形追随性

戸先枠に局部的に変形を受けても対震受座(対震ストライク)が、
変形を吸収して、扉と枠の摩擦抵抗を緩和します。

指はさみ防止

戸尻形状の工夫と中心吊ヒンジの採用で開閉時に吊元側での指はさみを防止します。
戸尻形状ならびに中心吊ヒンジの採用により、扉開閉時に指が吊元側ではさまれるのを防止します。

指はさみ防止

※指はさみ防止型設定時は90°制限付きドアクローザーをご使用ください。